上武大の大型サイド右腕・上村が好救援 3回途中から6回1/3を2安打無失点

[ 2021年6月10日 05:30 ]

第70回全日本大学野球選手権第3日 2回戦   上武大4-2桜美林大 ( 2021年6月9日    神宮 )

<上武大・桜美林大>力投する上武大2番手・上村(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 上武大の1メートル88の大型サイド右腕・上村が3回途中から救援登板。6回1/3を2安打無失点で最後まで投げ切り「後半になるにつれて勢いのあるボールが投げられた」と胸を張った。4年ぶり8強入りに導いた3年生に谷口英規監督は「バッターがタイミングが合っていなかったので取られるまで我慢しようと思った。よく投げた」と称えた。

 ▼桜美林大・松江主将(9回に代打で空振り三振)相手は本塁打で自分は三振。死んでも秋に戻ってこられるように、課題を克服したい。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年6月10日のニュース