上向きのオリ・山本に新たな「刺激」 6勝の後輩・宮城に「尊敬してます」 11日の広島戦で威厳見せる

[ 2021年6月10日 17:40 ]

交流戦   オリックスー巨人 ( 2021年6月10日    京セラ )

<オ・巨(3)>ジャベリックスローで調整するオリックス・山本(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 オリックス・山本が、予告先発された11日の広島戦(京セラ)に向けてキャッチボールなどで最終調整。「良い練習もできていますので、しっかり自信を持って。全試合、勝つつもりで投げたいです」と力を込めた。

 5月は自身3連敗を喫したものの、交流戦に入ってから復調気配。同28日のヤクルト戦で7回2失点で1カ月ぶりの白星を飾ると、前回6月4日の中日戦は7回1失点で2連勝中。「ここ最近フォームの感覚がどんどん良くなっている。なんとか調子を上げたい。前半戦も少なくなってきていますし、いい結果を出し続けたい」とした。

 後輩の活躍にも刺激を受ける。9日の巨人戦で7回2死まで無安打投球を披露しチームトップの6勝目を挙げた19歳・宮城について「宮城サン、凄い19歳。なかなかいないと思いますし、尊敬しています、リスペクト」とした上で、「まだ負けないです」と意気込んだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月10日のニュース