ヤクルト・山田 2戦連発!復調気配の今季3度目猛打賞をマーク

[ 2021年6月10日 05:30 ]

交流戦   ヤクルト5―3ロッテ ( 2021年6月9日    ZOZOマリン )

<ロ・ヤ>3回無死、山田は左越えソロを放つ(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 ヤクルト・山田が2戦連続本塁打&マルチ安打で勝利に貢献した。2―1の3回。岩下の147キロ直球を捉え、左翼席中段へ14号ソロを叩き込んだ。

 「1点取られた後だったので、すぐに取り返したかった。ホームランというイメージよりも自分のスイングをすることを心掛けた」

 初回の左前打、5回にも中前打を放って4月23日以来、今季3度目の猛打賞をマークした。交流戦は前カードまでで打率・159。不振脱却のため、先週は早出特打で汗を流した。振り込みの成果で前日も本塁打を含む2安打で復調気配だ。この日は2失策したオスナの背中を優しく触って気遣う場面もあった。プレー以外でも主将がチームをまとめている。(青森 正宣)

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年6月10日のニュース