巨人“阿部流”改革で若手底上げ狙う「一点集中デー」導入へ

[ 2021年1月26日 05:30 ]

巨人の阿部2軍監督
Photo By スポニチ

 巨人・阿部2軍監督が春季キャンプで守備や打撃、ウエートトレーニングなど一つの練習だけを行う「一点集中デー」を導入する考えを明かした。

 「例えば守備デー、バッティングデーという日もつくらないとダメなのかなと。“今日はバッティングデーだからボールは投げるな”という日もつくる」

 指導者1年目の昨季に感じたのはファームの若手野手の継続力不足。「(一つのことを)継続できない子が多い。続かないから毎日同じことをやっていたら絶対ダメ」。一つに集中する日を設け、技術だけでなく継続する集中力も養う。投手にも「ボールを持たない日もつくるかもしれない」と予告した。

 春季キャンプはS班と1~3軍の4グループ。2軍野手は10人と例年より少なく、個々に直接指導する時間も増える。「阿部流」の改革で戦力を底上げする。(田中 健人)

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年1月26日のニュース