中日・ビシエド 自主隔離明けてナゴヤ球場で自主トレ キャンプ2軍スタートも「少しずつ上げていきたい」

[ 2021年1月26日 15:19 ]

自主トレ中に笑みを見せるビシエド
Photo By スポニチ

 中日のビシエドが26日、ナゴヤ球場で今年初めて自主トレを行った。

 11日に来日していたが、新型コロナウイルスの感染予防のため2週間、自宅で自主隔離。「家から出られないのは苦しかったよ」と振り返り、ダンベルなどで上半身中心のトレーニングを行っていたという。

 それでも2週間ぶりに思い切り体を動かし「もっと大変かと思っていたが、今日は良い感じで動けた」と満足顔。

 昨年10月に左肩を脱臼したため、キャンプは来日初めて2軍スタートとなるが「体調もあるし、少しずつ上げていきたい。急ぐつもりはない」と照準を開幕に合わせ、焦らずペースを上げる。

 ガーバーら新外国人は新型コロナウイルスの影響により、来日の見通しが立っていない。助っ人勢は現状1人だけだが、来日6年目だけに「もう、日本人ぐらいの感覚だよ」と余裕の表情。「体の状態を100%に整えて、チームのために頑張りたい」と決意を新たにした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年1月26日のニュース