楽天ドラ6内、履正社の先輩・安田との対戦心待ち「何も欠けていないような素晴らしい先輩」

[ 2021年1月26日 17:20 ]

ダッシュを行う内(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 楽天のドラフト6位・内(履正社)が高校の先輩であるロッテ・安田との対戦を熱望した。

 内は今月23日に行われた母校の卒業式に出席。この日から仙台市内の2軍施設で行われている新人合同自主トレに再合流した。

 卒業式では履正社の先輩であるヤクルト・山田哲、ロッテ・安田、阪神・井上から卒業生へのメッセージが届けられた。その中でも安田は同じパ・リーグ。内は「もちろん対戦したい。ロッテのクリーンアップを打っていて、対応力とかパワーは球界を代表するぐらいの打者だと思っているので」と目を輝かせた。

 初対面は内が小6、安田が中3の時。野球教室で一緒になり、履正社への進学を決めた理由の一つには安田への憧れもあったという。「凄く優しくて真面目で…。全て、何も欠けていないような素晴らしい先輩です」。春季キャンプは2軍スタート。「自分の目標は早く1軍に上がること。自分自身が(安田と同じ舞台に)立てるところまでいって対戦できたら」と力を込めた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年1月26日のニュース