巨人・梶谷「新鮮な気持ち」移籍後初めてG球場で練習 春季キャンプで「体を作り直す」

[ 2021年1月26日 13:55 ]

移籍後初めて訪れたジャイアンツ球場で打撃練習を行う巨人・梶谷(球団提供)
Photo By 提供写真

 DeNAからFA移籍した巨人・梶谷隆幸外野手(32)が26日、移籍後初めて川崎市のジャイアンツ球場を訪れ、練習を行った。

 キャッチボールやマシン打撃で調整した梶谷は「新しい環境で、新しい仲間と顔をあわせて新鮮な気持ちです。今日から改めて気持ちを引き締めて頑張りたいと思いました」と球団を通じてコメントした。

 自主トレ期間については「いい感じできていると思います」とうなずく。2月1日からの春季キャンプは、東京ドームでのS班スタートとなり「キャンプで取り組むことの一番は打撃面。打たないと使ってもらえないと思ってやっている。体を作り直して1年間戦えるようにしたいです」と意気込んだ。 

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年1月26日のニュース