中日・福留“元阪神勢”鳥谷&大和との自主トレで刺激「移籍が悪いわけでなく…いい勉強に」

[ 2021年1月26日 15:29 ]

<中日自主トレ>ナゴヤ球場でランニングして汗を流す福留(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 14年ぶりに古巣に復帰した中日・福留が26日、ナゴヤ球場で自主トレ。グラウンドで約20分、ランニングなどでウォーミングアップすると室内練習場でも汗を流した。

 「懐かしいなというか、僕が入団した頃は新しかったので年月が経ったなと思いました」としみじみ。

 例年、自主トレは海外で行っていたが、今年はコロナ下により断念。年明けはロッテ・鳥谷、DeNA・大和と元阪神勢の3人で自主トレを行い「元々、2人がやる予定だったので、邪魔しに行った」と冗談を交えつつも「彼らも阪神を出た。いろんなチームがあり、1つ1つ雰囲気が違い、やり方や野球の質も違う。考え方が変わっているなと話していても分かった」と後輩2人から刺激を受けた様子で「移籍がすべて悪いわけでなく、野球人生で1ついい勉強になる。僕自身もそう。いろんなことを学んだ」と振り返った。

 自主調整が任されているベテランはキャンプは2軍スタートとなる。「体の状態は普通。走れるし、ボールを投げれるし、バットも振れる。精度、強さを上げていきたい。今の段階で行けば、問題ない」と強調。

 今年44歳を迎える球界最年長は「チームが勝つ。なんとしても優勝を目指してやっていく。そのために自分にできることを精一杯やっていく」と力強く語った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年1月26日のニュース