日本ハム・杉谷 1キロバットで“フル”パワーつけた 沖縄・名護での先乗り自主トレに合流

[ 2021年1月26日 05:30 ]

フリー打撃を行う杉谷(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハム・杉谷が25日、沖縄・名護での先乗り自主トレに合流した。15日まで沖縄・伊江島で清宮、野村、郡と自主トレをしており「つい最近まですぐそこで練習していたし、でもやっぱり暖かいなという印象と、動くなという印象」と話した。

 基礎練習と体力強化をメーンにした自主トレでは「振る力をつけたかった」と重さ1キロのバットで打撃練習を行った。試合では900~920グラムのバットを使っているが、「1キロバットでちょっと力をつけて。右(打席)も左(打席)もバランスよく打たないといけないので」と杉谷。この数年は単独で自主トレを行っていたが、今年は初めて後輩3人と汗を流した。後輩の熱意を肌で感じ、自身の刺激に変えている。

 「(キャンプインの)2月1日にはしっかりとした姿を見せられるように」と話す姿に決意がのぞく。「ケガなく、1年間1軍の戦力として見てもらえるようにしないとならないのと、やっぱり優勝したい思いがある」。プロ13年目のシーズンへ、準備はできている。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年1月26日のニュース