広島・森下“投手単独トレ”問題なし! 「取り組む姿勢は本当にすごい」 堂林、誠也ら猛練習に刺激

[ 2021年1月26日 20:37 ]

スコット(中央)と変化球の投げ方を話し合う森下(左)(撮影・河合 洋介)
Photo By スポニチ

 広島・森下暢仁投手(23)は26日、マツダスタジアムでの合同練習に合流した。

 今月6日から24日まで、沖縄市内で堂林、鈴木誠らとの合同自主トレに参加。参加メンバーでは唯一の投手だった中、鈴木誠らを相手に打撃投手を務めたり、ノックや打撃練習にも加わるなど野手とともに充実の練習をこなした。

 「堂林さんも誠也さん、曽根さん、中神、永井も一緒にやらせてもらって、みんながしっかりと練習に取り組む姿勢は本当にすごいと思った。そこで自分もやらないといけないという気持ちにさせられたので、そういうところも学べたところだと思います」

 沖縄での自主トレには捕手が同行していなかった中、マツダスタジアムの合同練習では、合流初日から年明け初のブルペン投球を行った。変化球を交えて20球を投げ込み、「状態は良かった」と仕上がりに満足した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年1月26日のニュース