ロッテ・藤岡 定位置確保へ視界良好「凄く勉強になった」

[ 2021年1月26日 05:30 ]

自主トレを行うロッテ・藤岡(球団提供)
Photo By 提供写真

 ロッテの4年目・藤岡が、ZOZOマリンでの練習後にオンライン取材で定位置確保へ意欲を示した。

 「凄く勉強になった」と振り返ったのは日本ハム・近藤との合同自主トレだ。テニスボールや携帯端末のアプリを使って数字を追う方法で動体視力と周辺視野を鍛えた。昨季打率・340のバットマンから伝授されたトレーニングで「目の動きを柔軟にすれば変化球にも対応できる」と、視界も明るい。

 今季はメジャー通算922試合出場のエチェバリアやドラフト3位の新人・小川(国学院大)が加入。ベテラン・鳥谷も健在で、遊撃争いは激しくなる。昨季は打率・229と不振だった藤岡は「率にこだわる。高いところに目標を置きたい」と打撃力向上をアピールする。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年1月26日のニュース