楽天・田中和 リードオフマンに名乗り「争いに勝ちたい」

[ 2021年1月26日 05:30 ]

打撃練習する田中和(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 楽天の田中和がリードオフマンに名乗りを上げた。楽天生命パークで自主トレを公開。外野陣は島内を除いてレギュラーが固定されておらず「横一線だと思う。争いに勝ちたい」と意気込んだ。

 昨季は1番打者に8人が起用され、小深田の71試合が最多だった。田中和は18年に打率・265、18本塁打、45打点、21盗塁で新人王を獲得。同年は88試合で1番に座り「やりがいを感じた。3年前の成績が求められる。僕の一番の売りはスイッチヒッターであること」。希少な両打ちの強みを生かし、斬り込み隊長の座を射止める。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年1月26日のニュース