結婚発表の広島・小園「早く1軍の戦力になれるように」、キャンプ2軍スタート 逆襲期す今季前に決断

[ 2021年1月26日 05:30 ]

結婚を発表した広島・小園
Photo By スポニチ

 広島は25日、小園海斗内野手(20)が結婚したことを発表した。相手女性の年齢などは非公表。高卒3年目で初の春季キャンプ2軍スタートとなるなど、逆襲を期すシーズンを前に決断した。

 「家族ができて、しっかりやらないといけないという気持ちです。キャンプは2軍スタートで悔しい気持ちがあるので、早く1軍の戦力になれるよう頑張りたいと思います。応援よろしくお願いします」

 球団を通じて発表したコメントにも決意がにじんだ。現在は、廿日市市内の2軍大野寮で生活している。初参加となった山田哲らヤクルト勢との愛媛県内での合同自主トレを21日に打ち上げて、春季キャンプまでは寮に隣接する大野練習場での合同練習に参加する。既婚者は退寮も可能で、今後は本人の意向を踏まえて判断される見通しだ。

 精神面の支えを逆襲の糧としたい。昇格の条件として、佐々岡監督からは結果に加えて「覇気」も求められている。前日には「僕は静かなタイプなので、ジェスチャーでも頑張りたい。結果も残して、しっかりアピールできるように2軍でしっかり練習して、(1軍に)呼んでもらえたらいいなと思います」と心機一転を図っていた。20歳で下した一大決心を、野球人生にも生かす覚悟に違いない。

 ◆小園 海斗(こぞの・かいと)2000年(平12)6月7日生まれ、兵庫県出身の20歳。報徳学園では2度の甲子園出場で2年春4強、3年夏8強。18年ドラフト1位で広島入り。19年に球団高卒新人最多の4本塁打。通算61試合で4本塁打、16打点、打率・206。1メートル78、84キロ。右投げ左打ち。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年1月26日のニュース