ロッテ鳥谷、交流戦で甲子園凱旋へ 「行くだけでは楽しくない」

[ 2021年1月26日 12:26 ]

ZOZOマリンで自主トレを行ったロッテ鳥谷(球団提供)
Photo By 提供写真

 ロッテの鳥谷敬内野手が26日、ZOZOマリンで自主トレを行い、昨季は実施されなかった交流戦へ向けて意気込みを語った。

 一昨年まで所属した古巣・阪神とは5月25日、甲子園で激突する。「当然、甲子園で試合をできることは楽しみだけど、ただ行くだけでは楽しくない。そこでしっかりとグラウンドに立てるように、キャンプからしっかりとやっていきたい」と明かし、試合に出場してチームの勝利に貢献するところまでを自らに求めた。

 このオフは沖縄で、元阪神勢と自主トレを行ってきた。中日・福留、DeNA・大和と3人で、打撃論を交わしたという。

 今年で40歳となるレジェンドは石垣島キャンプで2軍スタートとなるが、「グラウンドに立てば年齢はまったく関係ない。グラウンドに立つためにはチームメートと勝負しなければならない」と力強かった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年1月26日のニュース