DeNA番長カラーだ ドラ1入江&ドラ5池谷が1軍スタート 4年目で未勝利の阪口も勝ち取った

[ 2021年1月26日 05:30 ]

春季キャンプの1軍スタートが決まったDeNA・入江(球団提供)
Photo By 提供写真

 DeNAの春季キャンプ振り分けでは、山崎が2軍スタートとなった以外でも三浦監督のカラーが出た。

 投手陣ではドラフト1位の入江(明大)、同5位の池谷(ヤマハ)が1軍スタート。昨季3登板(いずれも先発)して2敗に終わり、今季4年目で未勝利の阪口は2年ぶりに1軍スタートを勝ち取った。三浦監督は「去年1年間(2軍監督として)見ていたし、コーチの推薦もあった」と飛躍を期待した。

 野手では、1軍に内野8人に対し、2軍は5人。19年ドラフト1位の森は2軍スタートになった。指揮官は「しっかり競争してもらう」とし、「7日の紅白戦前でも(1、2軍の)入れ替えはあるかもしれない」とサバイバルを予告した。

 昨年10月に左肩のクリーニング手術を受けた今永、同2月に左肘内側側副じん帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)を受けた東のリハビリ組は、2軍からスタートする。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年1月26日のニュース