西武2年目左腕・浜屋 開幕ローテ&2桁勝利へ「タバタ式」導入

[ 2021年1月26日 05:30 ]

キャッチボールを行う浜屋(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 西武2年目左腕の浜屋が、心肺機能と筋持久力を高めて「開幕ローテ入りと2桁勝利」を狙う。

 トレーナーからの進言でオフは毎日、立命大の田畑泉教授が考案した「タバタ式トレーニング」に取り組んだ。練習の最後に「20秒運動、10秒休み」の8分間を2セット行い「息が荒くなって結構きついですけど、やっていて癖になるというか、凄くためになる」と効果を口にした。昨季は中継ぎスタートで途中から先発に回ったが「やっぱり先発でやっていきたい」と語気を強めた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年1月26日のニュース