巨人・炭谷 涙をのんだセンバツ球児に「僕たちプロが何かできないか話し合う」

[ 2020年3月16日 05:00 ]

プロ野球選手会会長を務める巨人の炭谷
Photo By スポニチ

 プロ野球選手会会長を務める巨人の炭谷銀仁朗捕手(32)が、15日放送のフジテレビ「S-PARK」に生出演。新型コロナウイルス感染拡大の影響で開催中止となった第92回選抜高校野球への思いを明かした。

 炭谷はセンバツ中止に関して「甲子園が決まっていた高校球児たちは悔しいし残念だと思うのですが…僕たちプロの選手が高校球児たちのために何かできないかと話し合っています」とプロ選手を代表し、出場予定だった選手たちの思いに寄り添う姿勢であることを強調。

 「甲子園に出られなかった球児たちとも、こういう機会ですので、良いつながりができればなと思っております」と、高校球児たちに対し何らかの“救済措置”がとれるよう、話し合いを重ねるとした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月16日のニュース