【オープン戦総括 パ・リーグ】西武・辻監督「内容良くなってきている」

[ 2020年3月16日 05:30 ]

西武・辻監督
Photo By スポニチ

 ▼1位・西武(6勝2敗1分)

 ▽辻監督 勝ち負けはあれだけど、若い野手もアピールして、投手も内容が良くなってきている。しっかりと、投打ともにベストの状態で開幕を迎えたい。

 ▼2位・ソフトバンク(8勝3敗1分)
 ▽工藤監督 新しい発見もあったり、選手の力も見られた。いいオープン戦だった。明日から4日間、空くので一回リフレッシュしてまたスタートしたい。

 ▼4位・楽天(9勝4敗1分)
 ▽三木監督 チームは前進しているが満足することはない。選手がいい表情でやってくれているのはありがたい。開幕まで時間があるので、やるからにはもっと進めたい。

 ▼10位・ロッテ(2勝5敗2分)
 ▽井口監督 勝ち負けより、いろんな人を試した。来週ぐらいからは、シーズンと同じようなメンバーになる。パ・リーグとの戦いになるし、相手の戦力も見なければならない。

 ▼6位・日本ハム(6勝6敗2分)
 ▽栗山監督 みんなが競争して一つのミスが致命的になる雰囲気の中でやってくれたのはよかった。先発ローテーションは調子もあるし組み直しも含めてもう一回考える。

 ▼11位・オリックス(3勝8敗2分)
 ▽西村監督 オープン戦最後の試合で、しっかりした形を出さないといけないところで逆の結果になった。つまらないミスでの失点をなくすなど全ての面が課題。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月16日のニュース