巨人・メルセデス 17日実戦復帰へ「しっかり腕を振れるか確認したい」

[ 2020年3月16日 15:18 ]

<巨人練習>キャッチボールをこなすメルセデス (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 巨人のC・C・メルセデス投手(26)が16日、川崎市のジャイアンツ球場で調整。左肘の違和感でファーム調整していた左腕はあす17日の日体大との3軍戦(ジャイアンツ球場)で実戦復帰する。

 原監督ら首脳陣も1軍の全体練習のため訪れる予定。“御前投球”に向けてキャッチボールなどで汗を流したメルセデスは「試合を通じてしっかり腕を振れるかどうか確認したい」とテーマを掲げた。

 新型コロナウイルスの影響で開幕は4月10日以降に延期。「いつ開幕するかわからないけれど、ローテに入りたい。100%の力で投げられるように準備しておきたい」と開幕ローテーション入りに意欲を示した。昨季8勝の左腕はキャンプ途中からファームに合流していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月16日のニュース