BCリーグ加盟「神奈川フューチャードリームス」鈴木尚典監督闘志「1年目から優勝目指す」

[ 2020年3月16日 05:30 ]

会見で杉浦(左)と握手する鈴木監督(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 今季からルートインBCリーグに加盟する「神奈川フューチャードリームス」が15日、神奈川県藤沢市内で新チーム体制発表会見を行った。

 横浜(現DeNA)で18年間活躍した鈴木尚典監督(47)は「1年目から優勝を目指して戦っていきます。DeNAと一緒に応援してもらえたら」と抱負を語った。山下大輔GM(68)、荒波翔球団アドバイザー(34)も同席した。同リーグ史上初となる参入1年目での優勝を目指し、16日に同県内でキャンプインする。

 ≪150キロ右腕杉浦、憧れ背番「34」≫昨年11月のドラフト会議で新球団優先枠で指名された杉浦は憧れのオリックス・吉田正と同じ背番号34のユニホームに袖を通し「戦力になれるよう頑張る」と意気込んだ。高校時代はバドミントン部で中大では草野球チーム「相模台レイダース」でプレー。野手でトライアウトを受験も最速150キロを計測し投手で指名された。中大を休学した右腕は「(硬球は)大きいですし滑る。単純に重い」と肘の負担を減らすためフォームを試行錯誤し、開幕に備える。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月16日のニュース