阪神・西勇 子どもたちへ200万円寄付「毎年続けていけるように」

[ 2020年3月16日 16:00 ]

<阪神練習>キャッチボールを行う西勇(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 阪神の西勇輝投手(29)は16日、昨年に引き続き「日本財団子どもサポートプロジェクト」に賛同し、昨年12月に実施したチャリティートークイベントの収益金から経費を差し引いた200万円を、同財団に寄付することを発表した。

 「難病だったり、なかなか食事を与えられないという子どもがたくさんいると知り、なにかお手伝いしたいと思ってはじめたこと。毎年続けていけるように、自分自身は野球を頑張っていきます」

 同財団の理念に共鳴し、昨年からはじめた寄付活動。「微々たる金額でも役に立てれば」という思いのもと、今年も活動を継続した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月16日のニュース