ヤクルト・高橋 合格快投でローテ3番手「自分有利の展開にもっていけた」

[ 2020年3月16日 05:30 ]

オープン戦   ヤクルト1―3西武 ( 2020年3月15日    メットライフD )

ヤクルト・高橋
Photo By 共同

 ヤクルト先発の高橋がまずまずの投球を見せた。4回まで4連続を含む6三振を奪い無失点。5回無死一、三塁から金子に左犠飛され1点を失い、投球数が84球となり降板した。後続が失点し4回1/3を4安打2失点も、四球も1つにとどめ「試した球種でストライクを取ることもできて、自分有利の展開にもっていくことができた」と手応え。

 高津監督は「全体的にまとまっていた。3番手の先発として期待しているし、今日くらいのピッチングをしてくれたら何とかいけそう。ちょっとずつだけど進歩していると思う」と振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月16日のニュース