ロッテ・朗希 ナゴヤDブルペンで50球 23日以降に打撃投手有力

[ 2020年3月16日 05:30 ]

オープン戦   ロッテ2-4中日 ( 2020年3月15日    ナゴヤD )

<OP戦 中・ロ>試合前、ボールを手に意気込む佐々木朗(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 ロッテのドラフト1位・佐々木朗(大船渡)がナゴヤドームのブルペンで捕手を座らせて50球を投じた。

 スライダー、フォークも交えたが「球数が増えたので、いかに平均的に強く投げられるかを考えた」と、あくまでも直球を軸に置いた練習。23日以降の最終週で打撃投手を務めることが有力だが「いろんな段階を踏んでいかないといけないので、しっかりやっていきたい」と足元を見つめていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月16日のニュース