DeNA新4番・佐野、豪快弾締め“打点王”!ラミレス監督称賛「全ての打席がいい形」

[ 2020年3月16日 05:30 ]

オープン戦   DeNA7-1日本ハム ( 2020年3月15日    札幌D )

<日・D4>7回2死、本塁打を放つ佐野(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 DeNAの新4番・佐野が豪快なアーチでオープン戦を締めくくった。6―1の7回2死。3ボール1ストライクから堀の直球を振り抜くと、打球は一直線に右翼席へ消えた。

 「バッティングカウントでしたし、一球で捉えられたのは良かったと思います」

 プロ4年目の25歳。オープン戦3号は、課題の左投手から放った。過去3年間、1軍公式戦で左投手から本塁打はなく「1年目の2軍戦で打ったかな、というくらい」と苦手にしていた。打率・295をマークした昨季も、対右投手・302に対して、対左投手は・258。筒香の後釜として「4番&主将」の重責を担いながら成長する姿に、ラミレス監督も「昨年は左投手にてこずったが、今年は自信を持っている。今日も全ての打席がいい形で、いい結果だった」と笑顔だった。

 これが単独トップの11打点となり、オープン戦の打点王も決まった。「いいところで回ってくることが多く、前の打者のおかげ」と謙遜するが、勝負強さが光る。オースティンやソトら強打者ぞろいの打線の中心に座り「チャンスで回ってくると“打ってやろう”といつも以上に思う。シーズンに入ってもしっかり準備していきたい」と力を込めた。

 オープン戦序盤は低調だったが、打席数を重ねるごとに状態を上げた。全13試合で4番を務めて打点以外も打率・267、3本塁打と及第点の数字。「打撃をもっと向上させないといけない。もっといい打者になれるように準備したい」と、貪欲に4番像を追い求める。(町田 利衣)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月16日のニュース