ハマスタに本格中華店 横浜中華街発展会が初監修 DeNA、2020年改修第6弾

[ 2020年3月16日 13:40 ]

横浜スタジアムに登場する新店舗「濱星樓(はますたろう)」
Photo By 提供写真

 DeNAは16日、『コミュニティボールパーク』化構想に基づき、2020年改修第6弾として、横浜スタジアムに新設されるレフト側スタンド3階に、新店舗「濱星樓(はますたろう)」が誕生すると発表した。横浜中華街の発展のために活動する横浜中華街発展会協同組合の監修を初めて受け、横浜スタジアムで本格中華を楽しめる。麻婆豆腐や海鮮あんかけ焼きそば、マンゴー杏仁プリンなど食べ応えのある逸品を取りそろえる。

 同組合の高橋伸昌理事長は「『濱星樓』で発売されるメニューは、横浜中華街発展会協同組合監修のもと度重なる試食を経て厳選した逸品ばかりです。多くの皆様に愛される店舗となり、そして美味しい!と喜んでいただける名物メニューとなりますことを、心より願っております。今シーズンの横浜DeNAベイスターズの優勝に向けた大活躍を祈念しております」とコメントした。  

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月16日のニュース