高橋由伸氏「パパ出てよ」と愛娘2人に背中押され、ギャル曽根と大食い対決 その結果は…

[ 2020年3月16日 19:54 ]

高橋由伸氏
Photo By スポニチ

 前巨人監督で野球解説者の高橋由伸氏(44)が16日、日本テレビ「有吉ゼミ2時間SP」(月曜後7・00)に出演。タレント・ギャル曽根(34)との大食い対決に挑んだ。

 ギャル曽根に「大食いの方は?」と聞かれた高橋氏は「もうやる気満々ですよ」と即座に応じ「いろんな物を背負って来てますから」と笑顔で気合十分。「(自信が)なかったら出ないですよ」と豪語する元阪神選手で野球解説者の赤星憲広氏(43)らとともに超濃厚爆盛りトマトラーメン(3・4キロ超、制限時間40分)の完食に挑戦した。

 高橋氏は同番組に出演した理由を聞かれて「スケジュールが空いてたんですよ」と冗談めかした後で「子どもが大好きなんで」と2006年に結婚した元日本テレビアナウンサーの麻衣夫人(44)との間に生まれた小学生の娘2人が番組のファンであることを明かし「パパ出てよ」の声に押されてオファーを受けたことを告白。「頑張らないといけないですね」と娘への思いをにじませた。すると、これを黙って聞いていた独身の赤星氏は「いいですね、そういう話。僕なんにもないですもんね」とボヤキ。それでも2人は「プロ野球を盛り上げたい」と懸命に箸を進めた。

 だが、結局は高橋氏が2・1キロ、赤星氏が1・8キロを食べたところでタイムアップ。37分24秒でしっかり完食したギャル曽根に勝つことはできなかった。そしてギャル曽根に「現役時代より?」と振られた高橋氏は「つらい…」と絞り出して笑いを誘っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月16日のニュース