阪神ドラ6・小川、堂々1イニング無安打無失点 開幕1軍“猛アピール”

[ 2020年3月16日 05:30 ]

オープン戦   阪神6―4オリックス ( 2020年3月15日    京セラドーム大阪 )

<オ・神>7回から登板し好投する小川(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 落ち着き払ったマウンドさばきに、無限の可能性が見えた。阪神ドラフト6位の小川(東海大九州)がオープン戦2試合目の登板で、7回の1イニングを無安打無失点。キャンプ中の実戦から計4試合4イニング連続でゼロを並べるルーキーは、開幕1軍争いで日に日に存在感を増している。

 「ブルペンからランナーがいる想定で投球しているので、焦らずに投げられました」

 1死から小幡の失策と四球で一、二塁のピンチを招いたが、まったく動じない。4回にソロ本塁打を放ったT―岡田にカウント2―2から強気の内角攻め。148キロの直球で力ない遊飛に打ち取ると、続く頓宮には外角低めにズバッと148キロの直球を決め、見逃し三振に仕留めた。

 「最後は真っすぐで押し切れました。あそこ(外角低め)を突けるようになると、1軍に食らいついていけるのかなと思います。投げきれるようにしていきたい」

 言葉と表情には、確かな手応えがにじむ。発奮材料もあった。ブルペンでの準備中に、大卒の同期入団である小野寺がオープン戦初安打をマーク。「自分も抑えようという気持ちになりました」と背中を押された。

 「高めが多いのが僕の課題。制球力を磨いていきたい」

 最後は冷静に改善点を挙げた。甲子園のスターだった西純や井上に負けない輝きを放つ支配下唯一の大卒新人。開幕1軍争いのダークホースとなり、ブルペンに一層の厚みを持たせる。(北野 将市)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月16日のニュース