楽天・松井 復帰登板で1回無安打無失点「無事に帰ってきました」

[ 2020年3月16日 05:30 ]

オープン戦   楽天7-3巨人 ( 2020年3月15日    東京D )

<オープン戦 巨・楽(4)>巨人打線を封じて捕手・足立(右)とグータッチをかわす楽天・松井(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 楽天・松井が6回から2番手で登板し、1イニングを無安打無失点に抑えた。7日の中日戦で初回に打球を受け、わずか12球で降板。「右手掌打撲」と診断され、復帰登板となったこの日は、先頭の丸を力のある直球で三ゴロに仕留めると岡本を二飛に。パーラには四球を与えたが田中俊を直球で三邪飛に打ち取った。

 「無事に(マウンドに)帰ってきました」と笑顔で全快を強調。先発再転向後は初回に失点するケースが目立っていた。「初回は抑えの気持ちでいった方がいい」と伊藤投手チーフコーチの助言を受け、立ち上がりから腕を振って奏功した。オープン戦を1分けを挟んで8連勝で締めた三木監督も「腕も振れて、松井らしさがあった」と左腕の復調を喜んだ。(君島 圭介)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月16日のニュース