オリックス T―岡田、完全復活の号砲締め「完璧でした」

[ 2020年3月16日 05:30 ]

オープン戦   オリックス4-6阪神 ( 2020年3月15日    京セラドーム大阪 )

<オ・神>4回無死、本塁打を放ち生還するT―岡田(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 完全復活への号砲だ。オリックス・T―岡田がチームトップの3号ソロ。ライナー性の驚弾でオープン戦最終戦を締めくくり、逆襲を期す今季へ、万全仕上げを見せつけた。

 「(当たりは)完璧でした。打球が低かったので、どうかなというところでしたけど良く伸びてくれました」

 真価を証明する一振りだった。4回先頭の第2打席。1ストライクからの2球目、青柳の真ん中低め141キロをフルスイング。豪快に振り抜いた低弾道の一発はバックスクリーン左へ着弾。過去2発はいずれも右方向で、西村監督からも「あのコースをね。中堅より少し左に打てるようになれば違ってくる。引っ張るだけではないということを見せてくれた」と称えられた。

 モヤや新助っ人のロドリゲスらと「一塁」「DH」を競う立場。オープン戦は13試合で打率・296、3本塁打、9打点と一定の結果を示してきた。

 「ここまで良いものを出せていると思う。レギュラーを確約されているわけではなく、外国人との争いになる。監督も信頼する方を使う。信頼してもらえるように、自分の良いものを出していく」。昨季1本塁打に終わった生え抜き主砲に、巻き返しの予感が漂い始めた。 (湯澤 涼)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月16日のニュース