中日ドラ4“打てる捕手”郡司、OP戦初長打に笑顔「ホッとしました」

[ 2020年3月16日 05:30 ]

オープン戦   中日4-2ロッテ ( 2020年3月15日    ナゴヤD )

<OP戦 中・ロ>3回無死、郡司は中越え二塁打を放つ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 “打てる捕手”と証明した。中日のドラフト4位・郡司(慶大)が3回に先頭で右中間を破る二塁打。オープン戦初長打に「甘い球をセンター中心に打てた。長打を打ちたかったのでホッとしました」とはにかんだ。

 オープン戦は14打数5安打、打率・357に加え、5四死球と選球眼の良さも披露。「自分らしいバッティングができている」と自信を深めた。マスクをかぶっても「イニング間によく話し合ってできた」と同学年の小笠原を好リードした。

 開幕マスクは開幕投手を務める大野雄と相性の良い加藤が濃厚だった。だが、延期となったため中村バッテリーコーチは「大野雄が開幕までに2回以上投げるなら1度、郡司と組ませてもいい」と2人のバッテリーを試す可能性を示唆。球団新人初の開幕マスクを狙う郡司にとっては大きなチャンスだ。

 「開幕が延びるのはプラス。さまざまな投手の球を受けて特徴をつかんで、開幕マスクの座を取れるようやっていきたい」。開幕を迎えるその日まで、攻守でアピールを続ける。(徳原 麗奈)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月16日のニュース