ロッテ・福田秀 3打席目きっちり適時打、OP戦打率リーグトップ

[ 2020年3月16日 05:30 ]

オープン戦   ロッテ2-4中日 ( 2020年3月15日    ナゴヤD )

<OP戦 中・ロ>5回1死二、三塁、福田秀は中前2点適時打を放つ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクからロッテにFA移籍した福田秀が3点ビハインドの5回1死二、三塁で左腕・小笠原から中前へ2点適時打をマークした。「1、2打席目にやられたので、同じ投手に3度もやられるわけにいかない」と振り返る。

 前日はダイビングキャッチした際に「みぞおちを打って息が止まった」と途中交代したが、オープン戦は先頭打者アーチを2発放つなど、リーグトップとなる打率・375。3連敗で終えたチームの中で気を吐いていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月16日のニュース