巨人・坂本勇 現状維持の5億円でサイン 2000安打へ「1試合でも早く達成できたら」

[ 2019年12月6日 18:30 ]

契約更改を終え、笑顔で質問に答える坂本勇(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 巨人・坂本勇人内野手(30)が6日、東京・大手町の球団事務所で契約更改交渉に臨んだ。来季は5年契約の2年目。昨オフに3年目までは固定、4年目以降は変動制の契約を結んでおり、現状維持の5億円でサインした。

 今季は143試合に出場し打率・312、40本塁打、94打点。本塁打、打点はともにキャリアハイで、リーグMVPを獲得した。「主将になってから優勝できなくて、阿部さん、亀井さんが勇人になってから優勝してないと日頃から言ってくれた。キャプテンとしても助けられた」と感謝した。

 来季も主将の続投が決まったが「早く、チームのことを考えてくれる若い選手が出てきてほしい」と後継者が現れることを願った。通算2000本安打まではあと116本。「入団したときからは想像もつかない数字。1本1本先を見ずに、1試合でも早く達成できたらうれしい」と自然体で快挙に挑む。(金額は推定)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月6日のニュース