巨人 野上、現状維持1億5000万円で更改 今季1勝、10月にアキレス腱断裂 球宴明け復帰目指す

[ 2019年12月6日 11:10 ]

契約更改し、会見場に松葉杖姿で現れた巨人の野上
Photo By スポニチ

 巨人の野上亮磨投手(32)が6日、都内の球団事務所で契約交渉に臨み、現状維持の1億5000万円でサインした。17年オフに西武から国内FA権を行使して巨人入り。その際、18年から3年契約を結んでおり、来季が最終年となる。

 今季は13試合の登板で1勝2敗1セーブ、防御率3・50。本来の力を発揮することができずに終わり「本当に何もできないシーズンだった。先発も1試合しかしていない。個人としては先発をやりたいし、納得出来るシーズンではなかった」と悔しさを滲ませた。

 10月下旬のフェニックス・リーグ中に左アキレス腱を断裂。この日も松葉杖姿だったが、年内には自力での歩行が可能になるという。球宴明けの本格復帰を目指していく。同級生の山口がポスティングシステムでメジャー挑戦するため「貯金を5つくらいしたい。不安もあるけど、前向きにプラスに行きたい」と話していた。(金額は推定)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月6日のニュース