西武・外崎、倍増1億4000万円 初の大台突破 五輪出場に意欲

[ 2019年12月6日 05:30 ]

来季の目標を掲げる外崎(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 西武・外崎は倍増の年俸1億4000万円で更改した。初めて大台を突破し「来年ダメなら戻っちゃう。1億円プレーヤーになったからには続けていきたい」と笑顔。5年目の今季は自身初の全試合に出場し、楽天にFA移籍した浅村に代わる二塁手として自己最多26本塁打をマークした。

 プレミア12でも侍ジャパンの世界一に貢献。東京五輪が開催される来季へ向け「一年通して試合に出られるように取り組んで、五輪に出場できたら一番いい」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月6日のニュース