ヤクルト・石川 楽天・由規との「直接対決」を熱望

[ 2019年12月6日 19:08 ]

 ミズノ社の「ミズノブランドアンバサダーズミーティング」が6日、大阪市内で行われ、同社と契約を結んでいる選手らが出席。ヤクルト・石川は昨季まで同僚だった楽天・由規との「直接対決」を熱望した。

 由規は今季、育成選手として楽天に入団。7月に支配下登録された。昨季まで11年間、ヤクルトでともにプレーした石川は、会合の中で右腕にインタビューし「スワローズの時より表情が豊かじゃない?地元(の仙台)はいいよね」と笑顔で質問。由規も「生き生きやっています」と応じた。

 そして39歳のベテラン左腕は「来年は1軍のマウンドで投げ合いたいと思っている」。この言葉に由規も力強く頷いていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月6日のニュース