西武・山川、来季も“どすこい”継続 失策後は「やりづらい」と本心も

[ 2019年12月6日 05:30 ]

2億1000万円で更改した山川は色紙に目標を書き“どすこい”ポーズ(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 2年連続でパ・リーグの本塁打王に輝いた西武の山川穂高内野手(28)が5日、埼玉県所沢市の球団事務所で契約更改交渉に臨み、1億円増の年俸2億1000万円で更改した。山川は「どすこいやります」と宣言し、今季本塁打を放った後に行った「どすこいパフォーマンス」を来季も継続することを明かした。

 それでも失策した試合では「やりづらい」と胸の内を明かし、今季8失策からの改善へ「エラーしないように頑張ります」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月6日のニュース