日本ハム 金子、圧巻4回9K「腕が振れた」ア本塁打王を3球三振

[ 2019年3月18日 05:30 ]

プレシーズンゲーム   日本ハム1―5アスレチックス ( 2019年3月17日    東京D )

<日本ハム・アスレチックス>9三振を奪った日本ハム先発の金子(撮影・森沢 裕)
Photo By スポニチ

 メジャーを相手に圧巻の奪三振ショーだ。日本ハム・金子がアスレチックス戦の5回から登板し、4回3安打無失点で毎回の9奪三振。「相手は僕を知らないし、参考にならない」と謙遜したが「直球でコースを突けてチェンジアップも腕が振れて空振りを取れた」と手応えも口にした。

 5回の最初の対戦はデービス。昨季48発でア・リーグ本塁打王の4番を得意のチェンジアップで3球三振に斬った。2月のアリゾナキャンプ中にダルビッシュ(カブス)にも教えた宝刀。直球と同じ腕の振りから急激に球速が落ちる同球種を相手に強く意識させたことで140キロ台の直球も生きた。9三振中、チェンジアップで4三振、直球で5三振を奪ったことが物語る。

 昨オフにオリックスを自由契約となり、日本ハムに入団。メジャーへの憧れは強く、35歳の現在も夢を持ち続けている。「最初はビビって四球を出したけど、後半は勝負できた」。チームは完敗したが、通算120勝右腕はア軍をビビらせた。(山田 忠範)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月18日のニュース