ソフトB 釜元 1軍生き残りへ代打逆転弾「崖っ縁なので」

[ 2019年3月18日 05:30 ]

オープン戦   ソフトバンク7-5ヤクルト ( 2019年3月17日    神宮 )

5回2死二、三塁、代打・釜元(右)は逆転3ランを放ち本多コーチとハイタッチ(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・釜元がヤクルトとのオープン戦で1軍生き残りへ猛アピールした。2―3の5回2死二、三塁で代打として登場。大下の内角カットボールを捉え、右翼席へ逆転3ランを運んだ。

 「今日、駄目なら2軍というのが頭にあった。何が来ても打とうと思った。崖っ縁なので何とかアピールできて良かった」
 さらに7回には投手を強襲するタイムリー内野安打を放ち、9回にも右前打。途中出場で3安打4打点の活躍を見せ「ホームランだけなら“たまたまか”となる。その後に2本打ててホッとした」と振り返った。

 昨秋キャンプで工藤監督から増量を課せられた。オフは食事量を増やし、トレーニングで追い込んだ。「一日5食でプロテインを飲む回数も増やした。体重は増えても走るスピードが変わらないように」と5キロ増の83キロと肉体改造に成功。スイングスピードも上がって飛距離も伸び、「自分のポイントで打てれば飛んでくれる」と胸を張った。

 毎年1月に自主トレを行う中村晃が右脇腹を痛め離脱中。「この前、ギータさん(柳田)が晃さんとご飯に行ったときに、僕に“頑張れと伝えて”と言ってくれた」と力に変えた。外野は柳田、上林、グラシアルがいるが、4つの外国人枠で投手を3人登録することになれば、野手はデスパイネだけが1軍に残る可能性もある。最後までアピールを続けて1軍切符をつかみ、8年目でのプロ初安打を狙う。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月18日のニュース