DeNAラミ監督&南場オーナー、市長を表敬訪問「新スタンドを横浜の新名所に」

[ 2019年3月18日 13:39 ]

<DeNAラミレス監督ら横浜市長表敬訪問>囲み取材を受ける(右から)ラミレス監督、南場オーナー、岡村社長、三原球団代表(撮影・久冨木 修) 
Photo By スポニチ

 DeNAの南場智子球団オーナー、ラミレス監督らが横浜市庁舎で林文子横浜市長を表敬訪問。本拠・横浜スタジアムに地上約30メートルの新スタンド「ウィング席」(約3500人収容)が新設されたことなどを報告した。

 南場オーナーは「(新スタンドは)大変素晴らしいビューです。東京スカイツリーも見えます。横浜の新しい名所になることは間違いない。結果でいい恩返しをするという気持ちも高まっています」とアピール。ラミレス監督も「もちろん優勝です」と意気込みを明かした。市庁舎に隣接するスタジアムだけに林市長も「今年もたくさんの感動と元気をお願いしたい」と応えた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月18日のニュース