今春の球数制限導入見送り 新潟県高野連が発表

[ 2019年3月18日 16:35 ]

 新潟県高野連は18日、日本高野連から再考を求められていた今春の新潟大会に限った投手の球数制限導入について、実施を見送ることに決めたと発表した。日本高野連で4月に発足する「投手の障害予防に関する有識者会議」に参画することも表明した。

 新潟県高野連は昨年12月、故障予防や選手の出場機会増などを目的に、投球数が100球を超えたイニングまでの登板とするルールの導入を表明した。公式戦で全国初となる取り組みに注目が集まったが、日本高野連は2月の理事会で「勝敗に影響を及ぼす規則は全国で足並みをそろえて検討すべきだ」などの理由で、再考を要請していた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月18日のニュース