DeNA 井納、OP戦初登板は5回1失点 ラミ監督「素晴らしい」

[ 2019年3月18日 05:30 ]

オープン戦   DeNA7―4ロッテ ( 2019年3月17日    横浜 )

<D・ロ>力投するDeNA先発・井納(撮影・島崎 忠彦)
Photo By スポニチ

 オープン戦初登板となったDeNA井納が先発で5回を2安打1失点。「もう一段階、気持ちを入れてマウンドに上がれて、いいボールを投げられた」と手応えを口にした。

 昨年10月に右肘のクリーニング手術を受けた。キャンプは2軍スタートだったが、最速149キロを計測するなど開幕ローテーション入りをアピール。ラミレス監督も「安定感もあったし、球速も良かった。非常に素晴らしい投球だった」と称えた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月18日のニュース