プロ注目の東海大・海野、今季初OP戦で強肩披露「勝てる捕手目指す」

[ 2019年2月18日 05:30 ]

 首都大学野球の東海大が17日、埼玉県新座市で立大との今季初オープン戦を行い、2―1で白星スタートを切った。

 昨夏大学日本代表で今秋ドラフト候補の捕手・海野は5回までマスクをかぶり、エース原田ら3投手を無失点リード。二塁送球1・7秒の強肩で盗塁を刺し、打っては2回に先制点につながる中前打を放ち「最初にしては良かった」と振り返った。代表のチームメートで立大・藤野とのドラフト候補捕手対決も制し「藤野のことは凄く意識している。勝てる捕手を目指したい」と力を込めていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月18日のニュース