ソフトB新人4投手が好投 ドラ1甲斐野は連打反省「初球の入りが甘い」

[ 2019年2月18日 08:22 ]

ソフトバンク紅白戦   紅組3―1白組 ( 2019年2月17日    アイビー )

1回を投げ2安打無失点に抑えた甲斐野(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの新人4投手が好投した。ドラフト1位・甲斐野(東洋大)は7回の1イニングを2安打無失点。最速153キロの直球に福田を空振り三振に斬ったフォークが光った。課題は2死から連打を浴びたこと。「千賀さんから“走者を出してからが大事”と言われたのに初球の入りが甘い」と反省した。

 また同2位・杉山(三菱重工広島)は1回無安打無失点。4位の板東(JR東日本)、同7位の奥村(三菱日立パワーシステムズ)もアピールに成功した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月18日のニュース