広島 床田“開幕投手”で上々3回0封

[ 2019年2月18日 14:39 ]

 広島の今春初の対外試合で“開幕投手”を務めた床田寛樹投手(23)は、3回を被安打2、無失点と上々の内容を披露した。

 「ゴロを打たせて取るのが僕のスタイルなので、それはよかった」

 初回、2安打を許して1死一、二塁のピンチを背負うも、1ストライクからカーブで二併殺に仕留めると、波に乗った。

 2回は2者連続の空振り三振を奪うなど、計3奪三振。「このまま内容と結果も残して、開幕ローテーションに入りたいです」と、力を込めた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月18日のニュース