楽天・平石監督、球団1年目のキャンプ 大ベテランばかりで気遣い

[ 2019年2月18日 10:00 ]

05年、自身の名前が書かれた旗を持ち笑顔を見せる平石
Photo By スポニチ

 【平成キャンプ回想録(17)楽天ドラ7平石洋介】当時の久米島には、今2軍が使わせてもらっている仲里野球場しかなかったので、1軍も2軍も関係なく約70人の選手が全員同じ球場で練習していました。楽天は新しくできた球団だったのですが、周りを見れば大ベテランばかり。物凄く気を使ったことを覚えています。

 練習中に怒られることも多かったですが、練習が終わると、いろいろな先輩が食事に連れて行ってくれました。グラウンドでは聞くことができない話をたくさんしていただいて、本当に多くのことを学ばせてもらいました。これは野球界の良い伝統だと思います。久米島キャンプも今年で15回目。自分が監督として久米島にお世話になる日が来るとは、全く想像もしていませんでした。(楽天監督)

 ▽平成17年主なルーキー 野間口貴彦(巨人自由獲得枠)、一場靖弘(楽天同)、那須野巧(横浜同)、ダルビッシュ有(日本ハムドラフト1位)、涌井秀章(西武同1位)、辻本賢人(阪神同8位)

 ◆平石 洋介(ひらいし・ようすけ)1980年(昭55)4月23日生まれ、大分県出身の38歳。トヨタ自動車から楽天入団。通算122試合で37安打、打率・215、1本塁打、10打点。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月18日のニュース