清宮、侍選出“御礼打”!稲葉監督の前で2安打「状態上がっている」

[ 2019年2月18日 05:30 ]

練習試合   日本ハム4―4阪神 ( 2019年2月17日    宜野座 )

5回無死二塁、清宮は右前適時打を放つ。投手小野(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 日本ハム・清宮が視察に訪れた侍ジャパン・稲葉監督の前で「選出御礼適時打」を2本放った。阪神との練習試合に「5番・一塁」で出場。ここまでの実戦は7打数1安打と湿っていたが、トップチームへの初選出が内定している大砲は「前の試合よりバットが出るようになって、芯に当たる確率も増えた。状態も上がっている」と笑顔を見せた。

 稲葉監督が評価したのは速球への対応力だ。同点の3回1死一、三塁では藤浪に2球で追い込まれたが、ファウルで3球逃げてカウント1―2から7球目の153キロ直球を中前適時打。1点を追う展開となった5回無死二塁は小野の初球、141キロ直球を捉えて右前へ同点打を運んだ。

 昨季は高めの直球を見せられて低めの変化球で打ち取られるのが、一つのパターンだった。ところが、藤浪からの適時打は追い込まれてからの変化球をファウルで逃げ、最後に直球を仕留めた。稲葉監督も「振るだけではなくしっかり合わせながらファウルにして安打にしたり、そういうところも少しずつ覚えている」と称えた。

 栗山監督は「ここまでがひどすぎたから普通にやってくれって感じ。求めるものは高い」と厳しいが、愛情の裏返し。清宮とは入団する際に東京五輪までに侍ジャパンの4番を打たせると約束を交わしている。

 昨季は53試合出場で打率・200、7本塁打。2年目の飛躍へ。「いつも通りのプレーを心掛ければ結果はついてくる」。今回の侍ジャパンで、清宮が中軸を任される可能性もある。 (東尾 洋樹)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月18日のニュース