西武・多和田が今季初登板 外崎に被弾も「球の強さ良い」

[ 2019年2月18日 05:30 ]

西武紅白戦   白組0―5紅組 ( 2019年2月17日    南郷 )

紅白戦で先発する多和田(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 開幕投手候補の西武・多和田が白組の先発で今季初登板した。先頭の外崎にソロを浴びたが、その後は打者6人をパーフェクトに抑え2回1失点。「球の強さは良くなっている。変化球も何球か決まったし、ここまでは順調です」と振り返った。

 辻監督はまだ、開幕投手の伝達は行っていないが、昨年の最多勝右腕は「そこで投げられたら一番、ベスト」と力強かった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月18日のニュース