先発挑戦の中日・福谷、2失点も収穫「ムキにならずに投げられた」

[ 2019年2月18日 08:32 ]

練習試合   中日2―7ヤクルト ( 2019年2月17日    浦添 )

中日先発・福谷は3イニングを投げ2失点(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 中日・福谷が練習試合・ヤクルト戦(浦添)に先発。初回、バレンティンに中越え2ランを浴び、3回3安打2失点だった。

 「初めての先発だったので緊張感は感じていましたが、目標のムキにならずに投げることはできたと思う」

 バレンティンの一発は2死走者なしから四球を与えた直後。ただ「結果論になりますし。バレンティンはいいバッターですから」と2イニング目以降に引きずることはなかった。

 プロ入りからの過去6年で先発は一度もない。救援が本職だが過去2年はいずれも防御率が5点台と、不本意なシーズンを過ごしている。浮上へのきっかけを与えたい与田監督は「粘り強く投げることなどを覚えていってほしい」とし、当面は先発で起用していく考えも示した。(田中 貴久)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月18日のニュース