ヤクルト寺原が2回零封 連続四球反省も「やっとスタート切れた」

[ 2019年2月18日 05:30 ]

練習試合   ヤクルト7―2中日 ( 2019年2月17日    浦添 )

3回から救援し2イニング無失点のヤクルト2番手・寺原(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 自由契約となったソフトバンクから新加入したヤクルト・寺原が3回から登板し、2イニングを無安打無失点。立ち上がりから丁寧に低めにボールを集め、4回には2四球を与えたが、落ち着いて後続を断った。

 「連続四球は絶対に駄目」と反省しながら「やっとスタートが切れた」と笑みもこぼれた。新天地では先発を期待されている18年目右腕は「もう一度、2桁勝利したい」と表情を引き締めた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月18日のニュース