広島・下水流“ポスト丸”へ猛デモ!実戦形式で飛距離アピール

[ 2019年2月18日 05:30 ]

シート打撃で左越え2ランを放ち、雄叫びをあげる下水流 (撮影・中村 与志隆)
Photo By スポニチ

 丸が抜けた外野の一角を狙う広島・下水流が猛烈デモだ。17日、沖縄2次キャンプで行われたシート打撃で、コザしんきんスタジアムの左翼芝生席へ、実戦形式での“今春”2号。自慢の飛距離をアピールし、首脳陣をうならせた。

 「うまく回ることができた。去年はそんなに打ち返せていないと思うのでよかった」

 1ボールから一岡が投じた内角直球を鋭い回転で振り抜いた。昨季は打率・125と苦手にしていた内角球を、一発で仕留めたところに進化が見える。

 日南1次キャンプの7日にあったシート打撃でも2年目の平岡から左越えアーチ。3日にはフリー打撃に初登板した新加入の菊池保にも、名刺代わりの2発を見舞っている。

 「飛距離は自分の武器なのでアトは確率。練習から意識してやっている。相手よりも自分が打てばいい」

 外野は右翼の鈴木を除く2つのポジションでし烈な競争を繰り広げる。迎打撃コーチは「センターで言えば下水流と西川が一歩リード。ここから先、どういう感じでアピールするか」と期待した。(江尾 卓也)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月18日のニュース